AGAを克服しよう!!


AGAによる薄毛について
低コストでほぼ確実にAGAを克服する。
髪の毛はまた生やすことができます。

男性の薄毛の症状の90%以上がAGA
(男性型脱毛症)が原因だと言われています。
そのAGAの99%は投薬により改善できます。
毛生え薬といわれると、正直 高額なばかりでホントは効果が出ない胡散臭いイメージを持たれる方も居るかもしれません。
高額な市販の育毛剤で生えましたか?
目に見えて効果を実感したいなら、
ベストケンコーのHPより、《フィンペシア》《ロニテンジェネリック》《L-リジン》を入手し、3種類同時にお試しください。

ロニテンジェネリック+フィンペシア(キノリンイエローフリー)+Lリジンのセット

それぞれの薬の効果


《フィンペシア》は、脱毛を防止します。

《ロニテンジェネリック》は、毛量を増やします。

《L-リジン》は、毛の成長を早め、強く、
太く、黒くします。

それぞれ1錠ずつ毎日服用してください。
目に見える効果が表れるまで、4~6ヶ月程度必要です。
効果が出てからも薬を続ける必要があります。

薬の副作用について


この薬は、投薬により男性ホルモンに作用するもので、副作用があります。
薬の副作用については、個人差がありますが、
投薬開始から1ヶ月程度の間 脱毛量が増える。
精力低減 体毛が濃くなる 脈や心臓に負担がかかる等が挙げられます。
私の個人的な感想では、後悔する様な症状は何もなく、精力低減と心臓負担はほとんど感じられませんでした。体毛は確かに濃くなりましたが、その代償として、髪の毛を取り戻しました。
クリニックで行うAGA治療でも、同じ様な副作用があります。
その他、薬の取り扱いに注意が必要です。
詳しくは、ベストケンコーのHPより、各薬の説明欄を参照してください。

費用面でのメリット


クリニックでAGA(男性型脱毛症)治療を行うと
診療費を除き、薬代だけで安くても年間約13万円ものお金がかかります。

クリニックの治療で髪の毛を維持するためには、年間の薬代約13万円+診療費を払い続けなければなりません。25歳で治療を始めて65歳まで続けるとしたら、40年間で約520万円+診療費という高額なお金と引き換えに髪の毛を生やすことになります。一般的には考えにくい金額です。諦めてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、この年間約13万円の費用は、劇的に抑えることができます。
発毛効果は病院で行うものとほとんど同じです。

年間の薬代1万8千円以下(まとめ買いをした場合) 1日あたり50円以下で、髪の毛を復活させることができます。

ロニテンジェネリック+フィンペシア(キノリンイエローフリー)+Lリジンのセット

最後に


副作用には個人差があり、心配かと思われますが、私には、薄毛に悩まされ続ける精神的ストレスの方が、長い人生において、よほど損害であると思います。
当サイトでは、私の知る限り、安全で、最安値で、最も効果を実感出来るものを自信を持ってお届けします。
もはや、AGAは、自分の意思で、生やすか、薄毛のままか、決められるといっても過言ではありません。
ベストケンコーのHPの、各薬の説明欄に、実際に薬を使用した人たちのクチコミがありますので、ぜひご参考ください。
当サイトに出会えた事をきっかけに、髪の毛を取り戻し、他人の目が気にならない、自信に満ちた人生を送ってほしいものです。

なぜ市販の育毛剤は効果を感じられないの?

確かにミノキシジル配合のモノなら生える効果は有ります。
しかし、いくら使い続けても効果を実感できない。
理由は簡単です。生えたと実感する前に、抜けてしまうからです。
《フィンペシア》は髪の毛の抜けるスピードを遅くします。
《ロニテンジェネリック》は生えるスピードを早めます。
《L-リジン》は生えた髪の毛を強くします。
半年だけ信じてください。
本当に実感出来るほど生えますから。

powered by crayon(クレヨン)